ペンタブレットで描いた下絵をパスの変形とテクスチャで仕上げるお手軽イラスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013052901
最近はIllustratorで描く機会が増えてきましたが、一定の太さの線でシンプルに描き上げると、どうも寂しい感じのイラストになってしまいます。相応のディテールを描き込めば、それなりに見られるものになるのでしょうが、正直面倒です。なので、今回は線画を変形させて、少しだけ味のあるイラストを作っていきます。

線画を作成

2013052902
Illustratorで、メニューから「ファイル」、「新規」と選び、新しいドキュメントを作成します。その後、下絵を配置し、そのレイヤーをロックします。

2013052903
ブラシツール(今回は線幅を0.5ptに設定)を使ってペンタブレットで線画を適当にトレースしていきます。過去に書いた記事では、下絵レイヤーは一番上にもっていき、不透明度を50%程度にして作業を進めてきましたが、今回は線画自体に精度が要らないので、その手順を飛ばしています。

2013052904
線画が完成したら、線画レイヤーをコピーして、上側の線画レイヤーを非表示にします。

2013052905
ここからは、下側の線画レイヤーに対し、ライブペイントツールを使って着色していきます。

2013052906
ライブペイントを使う際に、上記のようなメッセージが出ることがありますが、これから塗るレイヤーは既にコピーを取ってあるので「OK」とします。

2013052907
とりあえずで手早く着色してみたところです。

2013052908
今度は、上側にある線画レイヤー(コピーしておいたもの)を選択し、「効果」から「パスの変形」、「ラフ」と選びます。

2013052909
パスの変形(ラフ)を調整するための画面です。今回は、上記のように設定しました。「プレビュー」にチェックを入れ、自分好みになるようにします。

2013052910
ラフを適用すると、線がモコモコと特徴的なものになりました、これなら、多少のごまかしもきくんじゃないかな?

2013052911
その後、コピーしておいた線画レイヤー(上側のレイヤー)のすべてを選択し、線の色を茶系に変更しました。

2013052912
後は布のテクスチャを張って、色を調整して完成。

2013052913
しょぼいイラストでも、いろいろな効果やテクスチャを合わせることで、少しレベルアップする(見られるようになる)と思います。

スポンサード リンク

最後まで読んでいただきありがとうございました。
よろしければフォローしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

プロフィール

趣味でイラストやウェブサイトを制作しています。食べることが大好きで「炭焼きレストランさわやか」の創業価格フェアに行くのが楽しみ(家族揃って)。金曜の仕事帰りには「窯出しとろけるプリン」を買うみたい(僕だけ)。

もっと詳しく

記事を検索

月別記事一覧

人気の記事

最近の記事

記事のカテゴリー

記事のタグ

TOP